石鹸 シャンプー




スカルプシャンプー人気おすすめランキング@男性の髪&頭皮ケアに良いシャンプーは?





頭皮環境を考えた石鹸シャンプーおすすめランキング

 (メソケア+) 薬用スカルプフォーマットシャンプー
石鹸シャンプーのほとんどはノンシリコンがほとんどですが、メソケア+の薬用スカルプフォーマットシャンプーもノンシリコンタイプの石鹸シャンプーで頭皮環境にも良く使い勝手も良い面もあります。 石鹸シャンプーで医薬部外品にも認定されている薬用スカルプフォーマットシャンプーは、通常の石鹸シャンプーに比べて頭皮環境成分が含まれているというのが違いです。 石鹸シャンプーでは香料や着色料など使用されていないタイプの無添加のシャンプーが多い訳ですが、弱アルカリ性なため防腐剤自体も含まれていないことも多いのが特徴です。 石鹸シャンプーではパラベンフリーの事も防腐剤自体が不使用の事も多いですが、美容成分など洗浄以外の成分が多くなるとパラベンやフェノキシエタノールなどが多くなりますが、配合量が弱酸性シャンプーに比べると少ない傾向にあります。

石鹸シャンプーの頭髪臨床医師が開発した薬用スカルプフォーマットシャンプー

メソケア+の薬用スカルプフォーマットシャンプーは、銀座総合美容クリニックのAGA専門で扱っている頭髪臨床医師でもある正木健太郎氏が監修してできた医薬部外品のスカルプケア用のシャンプーです。石鹸素地を使用した昔ながらの良さが残る石鹸シャンプーですが、頭皮ケア成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸など通常の石鹸シャンプーと少し趣の変わった頭皮ケア成分がしっかり配合されたスカルプケア用の石鹸シャンプーになっています。
価  格
3560円 (税込)
容  量
370ml
送  料
350円 (10000円以上で送料無料)
薬用スカルプフォーマットシャンプーの公式サイト







 極匠スカルプシャンプー
石鹸シャンプーでは、毛穴や頭皮を塞ぎがちになりやすい頭皮につけるタイプのコンディショナーはありませんが、髪自体を弱酸性に戻すリンスが必要の場合もあり、極匠ヘアトリートメントは、ノンシリコンのトリートメントなので頭皮環境にも良いのが特徴です。 石鹸シャンプーで無香料無着色なので、毛髪のバランスにも最適なのが、極匠スカルプシャンプーの特徴の1つです。 石鹸シャンプーでパラベンフリーのみではなく、防腐剤自体が含まれていないため頭皮にかかる負担も少ないのが特徴となっている極匠スカルプシャンプーです。

石鹸シャンプーで皮脂汚れをしっかり落とせる極匠スカルプシャンプー

200種類以上のシャンプーや育毛剤などを使用してきたお客さんと共同に開発されたシャンプーが、極匠スカルプシャンプーです。石鹸シャンプーの良さでもある防腐剤が配合されていない点が頭皮ケアの面からよく、頭皮環境成分と相まって頭皮に優しいシャンプーになっています。石鹸に加えてマイルドなアミノ酸系洗浄成分を加えた、石鹸系のデメリットを極力感じさせないハイブリッドなシャンプーになっています。
価  格
2,980円 (税込)
容  量
300ml
送  料
750円 (10000円以上で送料無料)
極匠スカルプシャンプーの公式サイト







 PAPA BUTTER(パパバター) オールインワンソープ
ノンシリコンで使いやすい石鹸シャンプーのパパバターは、人の皮膚にも含まれているステアリン酸を使用しているので、肌なじみが良いことで知られていますし、肌に刺激となりにくいのも特徴の1つです。 石鹸シャンプーでは、リンスが使用されることが多いためリンスは使用してコンディショナーは不使用という事も多いです。 石鹸シャンプーではリンスを使用しますが、高級アルコール系の場合には、リンス、コンディショナー、トリートメントと全部必要になる場合もあります。 パパバターのオールインワンソープの場合には、天然のミントなどが配合された洗っていて楽しい石鹸シャンプーになっています。 パパバターのオールインワンソープはパラベン不使用ですが、フェノキシエタノールが最低限しか含まれていない頭皮や肌に優しい石鹸シャンプーです。

石鹸シャンプーでシアバターが豊富なパパバター

PAPA BUTTER(パパバター)のオールインワンソープは、石鹸シャンプーとしてまたは、ボディソープとして頭の先から足先まで1本で洗えるのが特徴になっています。シャンプーやボディソープと色々使い分けるのが面倒な方にも向いていますが、天然のミントやローズマリーで香りづけされた爽快感ある香りがフレッシュ感を演出してくれます。シアバター由来の天然成分を使用しているため洗いあがった後の乾燥が気にならない使用しやすいオールインワンソープになっています。
価  格
1,404円 (税込)
容  量
200ml
送  料
540円 (5,400円以上で送料無料)
PAPA BUTTER(パパバター) オールインワンソープの公式サイト







頭皮環境に良い石鹸系で良い石鹸シャンプーおすすめランキングの概要

石鹸の場合には固形石鹸と液体石鹸の大きく分けて2つありますが、シャンプーとして使用する場合には、どちらでも使用する事が出来ます。パッケージなどで区分けされているため使用するのをためらう場合がありますが、洗顔石鹸用でもボディー用と書かれていても主に同じように使用する事が出来ます。泡の量など製品によって差がありますが、石鹸の場合には主に使用感などに大きく差が出にくく感じるのは、弱アルカリ性の石鹸が多いためキューティクルが開き、髪がきしむという髪のきしみ感が使用感で最優先されてしまう事もあるかもしれません。そのため固形石鹸の場合にはより水分よりも石鹸で使用される石鹸の原材料が多いから石鹸の良さなど石鹸の特徴も出やすいのかもしれませんね。液体の石鹸シャンプーは、他のシャンプーと同じように水分が多めです。原材料でも主に少し違いがあってシャンプーの場合にはヤシ由来の成分も多いのですが、カリウムで反応させて作る場合も多いようです。また石鹸ではミリスチン酸が使用されている場合には、洗顔用などある程度長く使用する場合もあるため泡崩れがしにくいタイプの場合もあります。シャンプーの場合には液体が多い訳ですが、アミノ酸系の洗浄成分と組み合わせている場合もあり、石鹸シャンプーでも細かく分けると色々な石鹸シャンプーが存在します。アミノ酸系の特徴を生かして弱酸性に行かないまでも中性などで使用しやすい利便性を考えたシャンプーなどもあり、頭皮環境に加えて利便性があるシャンプーも探せばあるという状況に変わりはありませんが、あったりします。
  • 石鹸シャンプーは、使用した主成分でもあるのでスカルプシャンプーや育毛シャンプーでも石鹸を使用したタイプのシャンプーもあるので育毛剤との相性も比較的頭皮の状態など個人差がありますが良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーなどAGAクリニックなどでも人気ですし、薄毛が気になる方には石鹸シャンプーにプラスして育毛サプリメントなどを活用すると頭皮環境により良いかもしれません。
  • 馬油を石鹸の素地として使用した馬油シャンプーでも石鹸の良さと保湿感重視の馬油がミックスして洗い上がり感がサッパリしている中にシットリ感も内包しているので、頭皮ケアに最適です。
  • 石鹸シャンプーはノンシリコンシャンプー人気ランキングでも一定の人気がありますが、抜け毛予防に良いというのであれば石鹸もある程度うまく活用していくと頭皮環境の改善に役立つかもしれません。
  • 石鹸シャンプーでも炭が配合されたタイプはランキングでも人気の傾向にありますが、よりサッパリ感が強調されているので、夏場汗を多くかいた日などボディーや髪に使える炭を配合したシャンプーなど活用すると頭皮もスッキリした環境になりそうです。
  • 石鹸シャンプーでも柑橘系のオレンジなどが入っているメンズシャンプーはランキングでも人気ですが、アミノ酸系シャンプーにはないサッパリ感があるので毛穴もスッキリしやすいのが石鹸シャンプーの特徴です。
  • 石鹸シャンプーでもアロマのジャスミンなどが配合されているとアロマシャンプーとしてもほんわかな柔らかいアロマシャンプーにしてくれるのでランキングでも人気ですし、夜の寝る前に使う際は重宝しますし、柑橘系のアロマを使用している場合にはリモネンがいい感じなのでメンズシャンプー向きとも言えるでしょう。
  • 石鹸シャンプーでオーガニック成分をたっぷり詰め込んだボタニカル中心のオーガニックシャンプーはメンズ用ランキングでも人気なので、植物性エキスと石鹸がミックスした頭皮環境の改善に役立つ石鹸シャンプーを抜け毛予防の目的に使ってみると良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは市販でもリーズナブルに購入できますが、ネットでもより天然素材を重視した良質な石鹸シャンプーが販売されていますが、やはり市販の製品に比べると少し値段が張りますね。
  • 石鹸シャンプーはスカルプケアに使いやすいので頭皮環境の改善を考えている方に良いですが医師が開発した石鹸シャンプーは、泡の量も豊富なので、泡立てるのが苦手な方など使用しやすいスカルプケアをしたい方に良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、髪のハリやコシを考えた場合には市販シャンプーを使用していた場合にシリコンが取れるので、一時的にハリやコシがなくなるように見えますが、シリコンが取れた後はボリューム感なども出やすいですので、サロン仕様の髪の仕上がりを期待する場合には、育毛サロン用の石鹸シャンプーを活用すると良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーでもリンスの成分が含まれたトリートメントがありますが、ノンシリコンで植物性エキスの良さが実感しやすいトリートメント成分を配合しているので、石鹸シャンプーを使用した後にノンシリコントリートメントは使い勝手が良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーでもコンディショナーがセットであるタイプの場合には、スカルプケアに良い成分がしっかり配合されているかをチェックしてからコンディショナーを購入すると良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーでも抜け毛が気になる方など髪が薄い実感がある場合には、キャピキシル配合や馬油に加えて海藻などが配合されていると石鹸特有のキシキシ感が実感しにくいので、髪が薄い場合でも洗いやすいのが特徴です。
  • 石鹸シャンプーは抜け毛が気になる際には海藻エキスが含まれているスカルプシャンプーを使用すると海藻独特のヌメリ感がきしみ感を抑えてくれるので、抜け毛が気になる時は海藻の成分が配合されているメンズシャンプーがおすすめです。
  • 石鹸シャンプーは抜け毛が気になる際の頭皮ケアに最適ですが、加齢臭など頭皮の臭いが気になる40代以降の頭皮環境の改善に使いやすく、石鹸シャンプーに配合されている成分で茶や柿タンニンが配合されていると頭皮の加齢臭ケアに良いので、うまく活用してみてください。
  • 石鹸シャンプーは抜け毛がある時のダメージヘアにはあまり向いていなくて、髪の毛先の傷みや枝毛が気になる際には、傷み具合などに関係するかもしれませんが、アミノ酸系シャンプーを使用したほうが毛先の枝毛の分だけ洗いやすいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは真菌で発生する脂漏性皮膚炎など気になる場合に、弱アルカリ性の殺菌作用や洗浄力の高さとシンプルな面を考えて頭皮に負担も少ないので脂漏性皮膚炎が気になる際など脂漏性脱毛症など抜け毛が増えないようにすると石鹸シャンプーは使いやすいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは頭皮のフケ・かゆみが気になる際はエモリエント効果などあるため、抜け毛を伴う、伴わないに関係なく脂性フケや乾性フケなど頭皮の状態に関係なく使いやすいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは洗浄力も高いので、男性の悩みで多い皮脂から臭う頭皮臭などを皮脂をしっかり洗い流すので、頭皮の臭いに加えて脂性が気になる方には使いやすいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、頭皮にニキビが出来やすい方のニキビケアにも使いやすいのですが、普通よりもやや大き目なニキビが出来た際に石鹸シャンプーは泡切れが良いのでより負担がかかりにくいニキビケアが行えるかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、小さいニキビが出来たと思ったら湿疹だった場合の頭皮の洗浄にも使用しやすいのがシンプルな面が多く無添加なので、頭皮に負担がかかりにくい頭皮環境の改善に向いているので、湿疹かどうかわからない時でも使用しやすいです。
  • 石鹸シャンプーは皮脂を落とすのに向いているので髪のべたつき具合にもよりますが、べたつき具合が多い時でも石鹸シャンプーは使いやすいので、頭皮から来る髪の脂性も実感している方はランキングでも比較的人気の石鹸シャンプーも視野に入れてみると良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、洗浄力が強いので頭皮がカサカサ乾燥した状態の場合には向いていないといわれることが多いですが、代謝不足で頭皮が硬い場合にはフケも出やすいから頭皮の乾燥に対して以外に石鹸シャンプーは向いている部分もあります。
  • 石鹸シャンプーは、弱酸性にはない魅力もありますが、使用面で少し劣る部分もあり髪を太くする食事や運動をしている場合にはアミノ酸系シャンプーの方が良い場合もあり、細毛や軟毛が気になる場合はどちらでもよいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、皮脂を取り過ぎてしまうので、手荒れや肌荒れなどが気になる場合にはアミノ酸系シャンプーが使いやすく、より乾燥が気になる手荒れなどの場合にはよりシットリしやすい傾向のアミノ酸系シャンプーが良いかもしれません。
  • 石鹸は、ボディソープにも使われているので背中ニキビが少し大き目な時や肩の赤みやブツブツなどまだニキビになっていないような状態の時などすすぎ液も考えて泡切れが良い石鹸シャンプーを使用したほうが背中ニキビにも優しいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーは、肌や頭皮に優しいタイプの製品も多いのでアトピーの方でも使用しやすいタイプも多いのですが、より乾燥が気になっている季節などの場合にはすごくシットリした無添加のアミノ酸系シャンプーも使いやすいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからウーマシャンプーに切り替えた場合など馬油の良さと切れのある洗い心地は石鹸シャンプーと共通する所も多いのでウーマシャンプープレミアムに切り替えても違和感は他のアミノ酸系シャンプーより少ないかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからプレミアムブラックシャンプーに切り替えた場合には炭などサッパリした成分もサッパリ感ある石鹸に似ている面があり、プレミアムブラックシャンプーに切り替えた際に少し違和感はなくなるかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからイクオスブラックシャンプーに切り替えた際には、イクオスブラックシャンプーには紀州備長炭など炭が配合されているので、サッパリ感もあるので石鹸シャンプーから切り替える際に頭皮の違和感は少ないかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからチャップアップシャンプーに切り替える際は、オーガニック成分が豊富なのと美容師などおすすめしていますが、チャップアップシャンプーもノンシリコンシャンプーなので石鹸シャンプーから切り替える際に頭皮の違和感は少ないかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからアルガンK2シャンプーに切り替える際は、石鹸でも植物性オイルは使用されていますが、アルガンK2シャンプーにも植物性オイルのアルガンオイルが配合されているので、石鹸シャンプーから切り替えるときは頭皮に違和感が少ないかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからリマーユスカルプシャンプーに切り替える際は、石鹸の原材料で使用される馬油も配合されているし、リマーユスカルプシャンプーも石鹸シャンプーもノンシリコンシャンプーなので切り替えるときは頭皮に違和感を実感しにくいかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからLUXEシャンプーに切り替える際は、天然ハーブなどアーユルヴェーダ成分が豊富なので、スパイシーなインドハーブを使っていますしラグゼシャンプーは、ノンシリコンシャンプーでもあるので、石鹸シャンプーからLUXEにした時に頭皮の違和感は少ないかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからコラージュフルフルスカルプシャンプーなど脂漏性皮膚炎や頭皮の湿疹が気になる際にミコナゾール硝酸塩などを配合したコラージュフルフルスカルプシャンプーは、お互いノンシリコンシャンプーなので頭皮環境の改善を考えている場合には良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからカダソンスカルプシャンプーに切り替える際は、脂漏性皮膚炎などにも活用しやすいオイルフリーなので、石鹸シャンプーもノンシリコンシャンプーだからカダソンスカルプシャンプーに切り替えた際には頭皮ケアなど頭皮環境もビックリしないで済むかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからSORAスカルプシャンプーGOLDに変更する場合でもどちらでも良質なスカルプケアは可能なので、育毛や利便性を考えてSORAスカルプシャンプーGOLDにしてみると良いかもしれません。
  • 石鹸シャンプーからモンゴ流シャンプーEXに切り替える場合にモンゴロイド伝承成分という部分が石鹸シャンプーと少し通ずるところもあると思いますし、お互いノンシリコンシャンプーなのでモンゴ流シャンプーEXに切り替える場合にはより頭皮環境の改善に良いスカルプケアが出来るかもしれません。
  • 酸性石鹸をベースにした洗浄成分を使用しているグロースプロジェクトのアロマシャンプーは森林浴した気分と酸性石鹸のややサッパリ感がマッチしたグロースプロジェクトの毛髪大作戦の作戦勝ちしたようなスカルプシャンプーです。
  • 石鹸シャンプーはボトルデザインがシンプルな場合もありますが、M3040プレミアムスカルプシャンプーも非常にデザインもシンプルなのが特徴ですが、M3040プレミアムスカルプシャンプーはトンガ産の良質な海藻であるモズクを使用したノンシリコンシャンプーです。
  • 石鹸シャンプーのランキングでも男性の場合には抜け毛や薄毛の事を考えて使用しようと思う事もありますが、頭皮の臭いなど気になる場合やベタベタしやすい場合など使いやすいです。
  • 石鹸シャンプーはカラーの退色などが進みやすいので黒染めなど一日しか使えないような日染めを落とす際など活用しやすいかもしれません。